歯周病・インプラント  広島市中区西川口町 はしもと歯科

【当院にはじめてご来院の患者様へ】

はじめて訪れる歯科医院は誰もが緊張と不安を抱かれるものです。
当院では患者様のご希望にそった診療を行わせていただくため、まずは「診療にあたってのご希望、心配事」などをお聞かせいただくカウンセリングの時間を設けております。
どんな些細なことでも結構です。 ご遠慮なくお話し下さい。

診療内容

歯周病治療

歯周病患者さんとお話していると、大変残念な気持ちになることがあります。

患者さんより、
「出来るだけ歯を残したい」
「入れ歯にはしたくない」
「そのために、しっかり治療をして欲しい」

というご希望をいただいても、ご自分では気付かないうちに歯周病が進行し、ご希望を叶える治療方針が見つからないときです。

歯周病は歯ぐきの中で歯を支えている骨がなくなっていく病気です。
むし歯のようにヒドイ痛みがないので、気付いたときには、もう歯を残せないことも多くあります。

次のような症状がある場合は歯周病の可能性があります。

≪歯周病セルフチェック≫

□ 歯みがきをすると、歯ブラシに血がつくことがある。
□ 歯ぐきが赤く腫れている。
□ 歯ぐきに痛みがある。
□ 歯が以前より長くなったような気がする。
□ グラグラ動く歯がある。
□ 朝、起きた時、口の中がネバついている。
□ 歯垢や歯石がたくさんついている(1年以上定期健診を受けていない)。
□ たばこを吸っている。
□ 鼻ではなく、口で呼吸している。


8個以上:レッドカード! 歯周病が進行しているかもしれません。
4~7個:イエローカード! 要注意です。早めに健診を受けましょう。
0~3個:ひとまず安心と言えますが、歯周病は自覚症状なく進行していきますので、定期的な健診を受けましょう。
歯周病の治療方法は日々進歩しており、以前より多くの歯を残せるようになっており、当院でも力を入れております。

もし、「自分も歯周病かも?」と思われた場合は、怖がらずに歯周病の検診を受けられることをお勧めいたします。(下記は一例です。治療の可否、成果は患者さんごとによって異なります)

歯周病治療の流れ

汚れ(プラーク)によって
歯肉が腫れている状態です。


クリーニングで炎症が治まってきています。


仮の歯を入れて、歯肉が治るのを
待ちます。


歯肉の形に沿った、かぶせものが
入ったところです。


①診査・診断
歯周病の進行状態とその原因を診査します。お口の中全体の状態を把握します。

②治療計画の立案
診査結果に基づき、治療方針を患者様と相談しながら決めていきます。

③歯周基本治療
歯周病は歯周病菌による細菌感染症です。治療はこの細菌を口腔衛生指導、歯石除去などを行い、それらを減少させることです。

④再評価(治療成果の確認)
再び診査を行い、治療成果を確認します。歯周基本治療で十分な成果が得られなかった場合は、外科手術などの治療を行うことも患者様と相談しながら決めていきます。

⑤メインテナンス
再び、歯周病が進行しないように、定期的なメインテナンスにて細菌除去を行っていきます。



住所

〒730-0846
広島市中区西川口町12-3

TEL:(082)-503-0808

地図はコチラ
地図を拡大する



診療時間

午前9:00~12:30
午後2:30~6:30

休診日
木曜日・日曜・祝日
(但し、祝日のある週の木曜診療)

※予約制となっております。ご来院の際は予めお電話にてご予約下さい。ただし急患はこの限りではありません。

※学会等の関係で休診日が変更になる場合がございます。ご予約の上ご来院頂くか、予めお電話にてご確認ください。

ブログ価格表
インプラント さきがけ求人情報